美容クリニックのWeb集客方法を解説!競争が激化する中で行うべき集客手法

美容クリニックのWeb集客方法を解説!競争が激化する中で行うべき集客手法

美容クリニックを取り巻く環境は大きく変化しており、特に近年の市場の移り変わりは激しく廃業まで追い込まれる美容クリニックも少なくありません。

その背景には、オンライン診療の台頭や価格競争、競合医院の増加など、たった数年で劇的に市場が変化しました。このような変化の中でも美容クリニックが安定的な経営を行うために効果的な集客方法を解説します。

馬鳥 亮佑
監修者

COOMIL(クーミル)株式会社 代表取締役。神奈川県出身。東京薬科大学大学院を修了後、大手製薬会社にて研修開発に従事する。2016年にファングロウス株式会社を創業し、マーケティング、広告運用、YouTube、SEO対策を駆使し、2年で売上1億円強かつ利益率40%強の会社へとグロースさせ、株式譲渡。YouTubeチャンネルのプロデュース・原稿制作・出演・撮影・編集の全てを自ら行い、運営10ヶ月で登録者数1万人突破させる(現在3万人越え)。IT業界だけでなく実店舗経営の知見を活かし、クライアント様の課題の本質を捉えて、「結果が出るマーケティング施策」をご提案致します。サイトを公開後も運用をお任せ頂き、サイトだけでなく「事業規模の拡大を目指す」ことがクーミルのモットーです。

■経歴

2014年 東京薬科大学大学院終了
2014年 第一三共株式会社
2016年 ファングロウス株式会社 創業
2019年 一般社団法人スーパースカルプ発毛協会(FC本部) 理事
2021年 ファングロウス株式会社 株式譲渡
2021年クーミル株式会社 創業

■得意領域

SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告
オウンドメディア運用
フランチャイズ加盟店開発、集客

■保有資格

Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

■SNS

X(旧Twitter):https://twitter.com/ryosuke_coomil
YouTube:https://www.youtube.com/@marketing_coomil

デジマーケ編集部
執筆者

デジマーケは、クーミル株式会社が運営するデジタルマーケティング情報メディアです。Webサイト制作、SEO対策、リスティング広告、SNS広告(Facebook、Instagram)など企業のWeb担当者向けに集客や売り上げUP、認知度UPに繋がるデジタルマーケティング情報を配信するメディアサイトです。

美容クリニックの集客が難しいと言われる理由

冒頭でもお伝えしましたが、美容クリニックの集客する難易度は年々高まってきています。その理由については以下の3つが原因とされています。

  1. 競合となる美容クリニックの増加
  2. クリニックではなく先生を選ぶ時代へ
  3. 情報収集の多様化

競合となる美容クリニックの増加

美容クリニックの数は年々増加しており、以下のような推移を示しております。

美容クリニックの院数の推移
診療所数の推移2011年2014年2017年2020年
美容外科数1,068医院1128医院1233医院1404医院

参考:「令和2(2020)年医療施設(静態・動態)調査(確定数)・病院報告の概況」

特に2017年から2020年の3年間では、168医院と右肩上がりに増加しております。また、美容クリニックの特徴として、都市部に集中して開院される傾向が強く、都市部においては1つの駅に10以上の美容クリニックが乱立していることも少なくありません。

患者は、自分のニーズに合ったクリニックを探し、信頼できる医師や施術を受けられるクリニックを選びます。そのため、クリニックは、患者に選ばれるために、差別化されたサービスや魅力的な情報を発信し、集客に力を入れる必要があります。

クリニックではなく先生を選ぶ時代へ

YouTubeなどの動画媒体が浸透する前までは、クリニックの知名度や信頼度に対して来院される時代でしたが、今は、クリニックではなく、「ドクター」を目的にお客様が来院することが当たり前になってきました。

そのため、インターネット上で以下にブランディングを行うかが最も大切となってきています。特に美容クリニックなどのコンプレックス産業においてこの傾向はより顕著に表れてきています。

そのため、優秀なドクターや著名な看板ドクターがいないとクリニックのブランドだけではこれまでのように集客することが難しいケースも少なくありません。

情報収集の多様化

美容クリニックに来院を検討している人は、WebやSNSを使って情報を収集するため、これらのチャネルでの集客がより重要度が高まっています。

美容クリニックを選ぶ際に、インターネットで情報を収集することが一般的です。クリニックのウェブサイトやブログ、SNSアカウントなどを参考に、施術内容や料金、医師の経歴などを調べます。

そのため、クリニックは、これらのチャネルで効果的な情報発信を行い、患者の関心を引き付け、集客につなげる必要があります。

美容クリニックの効果的な集客方法

美容クリニックの効果的な集客方法

美容クリニックの集客方法としては様々ございますが、今でも効果的な集客手法を解説しております。

本記事を執筆している弊社(クーミル)は、サイト制作やSEO対策を得意とするWeb会社です。医療業界に関する知見も多数ございますので、もし集客についてお悩みの場合は、ご相談ください。

電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

1.SEO対策

SEO対策は、美容クリニックのウェブサイトやコラムページを検索結果の上位に表示させるための施策です。SNSなどで情報を収集する人も増えてきましたが、Googleなどの検索ツールを用いて美容クリニックを探す人は多いです。

これらの検索ユーザーに対して正しく情報を届けることができるのがSEO対策です。SEO対策とは、検索エンジン最適化のことで、美容クリニックのウェブサイトをGoogleなどの検索エンジンの検索結果で上位表示させるための施策です。

SEO対策を美容クリニックが行うメリット・デメリット

メリット
  • 「地域名×二重整形,医療脱毛+おすすめ」などの調べる顕在層へアプローチ可能
  • 「毛が濃い+対処法」などまだクリニックを検討していない潜在層へアプローチ可能
  • SEO対策を行うことでサイト全体の評価が高まり、多くのキーワードで上位表示化される
  • 長期的な資産となり、予約数を安定化させることができる
デメリット
  • 美容関連のキーワードはSEO対策している競合が多い
  • 短期的な集客は期待できない
  • SEOに対する専門的な知識、戦略設計が必要
  • 適切なキーワード選定が出来ないと、集客効果が薄い

2.YouTube・TikTokなどの動画マーケティング

この数年で美容クリニックでは、YouTubeやTikTokを活用した集客方法が市場としてかなり伸びてきています。以下のような形で中には、非常に多くの再生数を誇るチャンネルも少なくありません。

上記の動画は、二重整形決断したが、手術当日に不安になってしまっている様子をショート動画で公開しております。

再生数は、288万回ほど再生されています。
先生が患者を安心させている様子が非常に魅力的です。

上記の動画は、美容クリニックTBC様が公開している動画です。これまでに900万回以上も再生されています。

再生数もさる事ながら、コメントに対しても全て返信しており、話題を呼んでいます。

上記のような形で動画コンテンツにすることで、美容クリニックの課題であった以下の課題を全て解決することができます。

  • ドクターの顔が見えない
  • 施術の様子が分からない
  • 写真による加工かどうか判断できない

これらの課題点を「施術の風景・リアルなBefore-After・患者の声」を動画上で公開することで、自分が美容整形を行った時の姿をイメージさせることができます。

3.MEO対策

MEO対策は美容クリニックを経営する上でSEO対策と同等程度重要な要素となります。MEO対策とは、GoogleマイビジネスなどのローカルSEOツールを活用して、Googleマップでのクリニックの表示順位を上げる施策です。

特に美容クリニックの場合、「口コミ評価」を気にされる方は少なくありません。ホームページやSNSを見た上で、Googleマップの口コミも見て総合的に良いと判断した場合に、来院します。

万が一、悪い口コミを書かれてしまった場合は、真摯に対応するようにしましょう。

また、クリニックの住所や電話番号、営業時間などの情報を正確に登録し、高品質な写真や口コミを掲載することで、患者の信頼を獲得することができます。

4.Instagram・FacebookなどSNS運用

女性をメインターゲットとした施術の場合、Instagramによるアプローチは非常に効果的です。
Instagramでは、クリニックの雰囲気・施術内容・患者様の声など検討中の人が気になる内容を投稿するようにしましょう。

ハッシュタグでは、「手術名やクリニック名」など工夫をして、SNS内での検索にも対応することが重要です。また、投稿に対して一定の割合でコメントや質問を頂くことは少なくありません。

積極的にコミュニケーションを行い、質問や相談に丁寧に答えることで、顧客満足度を高めることも大切となります。

5.リスティング広告

リスティング広告は「検索連動型広告」ともいわれ、GoogleやYahoo!などの検索サイトで検索をした際に、検索結果の検索結果の上部や下部に表示される広告のことです。

美容クリニックを探しているユーザーへ直接アプローチできるため、効率的な集客方法で即効性も期待できます。キーワードによってターゲットを選別でき、顧客のニーズが幅広い税理士業界では効果的な集客方法と言えるでしょう。

リスティング広告の出稿キーワード具体例

  1. 地域+美容クリニック
  2. 二重整形+東京
  3. 豊胸手術+名医
  4. 医療脱毛+安い

Web広告を行う上での注意点

美容クリニックの場合、競合が非常に多いこともあり、平均クリック単価が高騰しやすく中には1クリック2,000円を超えるものもあります。そのため、CPAが高騰しやすい傾向にありますので、最終許容CPAなどを決めた上で予算内で運用することをお勧めいたします。

また、Web広告を行う場合は、事前にアンケート調査を行うことをお勧めしております。求められるニーズを把握してその情報をLPへ反映させることで広告からの反応率を高めることができます。

6.公式LINEアカウントによる見込み客の掘り起こし

見込み客とは、店舗に興味を持っているものの、まだ来店には至っていない患者様や、一回限りでその後来院されていない患者様のことです。

来店予約をしたが実際に来店しなかったお客様や、コースや回数券の契約を迷っているお客様、満了後に来なくなったお客様など、見込み客は意外に多いものです。

こうしたお客様を再度呼び込むためには、定期的に公式LINEアカウントを活用してお得な情報を配信します。
メールやSMS、LINEなどを活用して、割引クーポンやキャンペーン情報を届けましょう。

具体的な施策イメージ

  1. 初回のみの来店のお客様へのLINEのメッセージ:
    〇〇月〇〇日まで限定!2回目のキャンペーン割引キャンペーン実施中
  2. リピーターのお客様へ:
    〇〇店のお客様還元セールを実施!〇〇月〇〇日まで人気の商品が40%OFF
  3. LINEの未登録の方へ
    当店に通ったお客様の嬉しい声を紹介

このような形で訴求性を持たせたメッセージを送ることで、再来店率の向上や、LINEに登録しただけの方を来店へ繋げることができます。

美容クリニックの集客成功のポイント

美容クリニックの集客成功のポイント

ここまで美容クリニックに効果的な集客方法について解説しましたが、これら集客手法の効果を成功させるためには以下の要素が重要になってきます。

  1. ターゲットの明確化
  2. クリニックの強みを正しくアピール
  3. サイトの使いやすさの向上
  4. 症例写真やドクターの実績を明記
  5. 医療広告ガイドラインの遵守

1.ターゲットの明確化

集客のターゲットを明確に設定し、適切なマーケティング施策を行うことで、効果的な集客を行うことができます。美容クリニックの集客では、ターゲットを明確に設定することが重要です。

年齢層、性別、職業、興味関心、予算など、ターゲットとなる患者の属性を分析し、そのニーズに合ったマーケティング施策を展開することで、効果的に集客することができます。

例えば、「20代~30代の女性、二重整形を検討している」をターゲットにする場合は、インスタグラムやフェイスブックなどのSNS広告を活用し、二重整形に関するBefore-After動画や初めての整形でも安心できる情報を発信することで、関心を引き付けることができます。

2.クリニックの強みをアピール

競合と差別化するために、クリニックの強みや独自の治療法を積極的にPRします。

美容クリニックは、数多くの競合が存在するため、差別化を図ることが重要です。クリニックの強みや独自の治療法、医師の専門性などを積極的にPRすることで、患者に選ばれる理由を明確に示すことができます。

  • 最新の医療機器を導入している
  • 実績豊富な医師が在籍している
  • 独自の美容メソッドを提供している
  • 無駄な提案をしない
  • 必要最小限の提案のみで無理な営業を行わない

など、クリニックの強みをアピールすることで、患者の信頼を獲得することができます。

3.サイトの使いやすさを向上させる

ホームページの使いやすさや予約のしやすさなど、使いやすさを高めることも予約件数を増やす上で非常に重要です。

  • 予約ボタンがすぐに見つからない
  • 予約フォームの入力項目が多すぎる

などの要素は、離脱率を高める要因となります。必要な情報が探しやすく、予約や問い合わせがスムーズに行えるように、ウェブサイトの設計やデザインを工夫することが重要です。

具体例

  • スマートフォン対応のウェブサイトにする
  • 分かりやすいメニュー構成にする
  • 予約フォームを簡素化する
  • 追従バナーを設置し、どこからでも予約できる
  • ヘッターメニューからすぐに予約ができる

患者にとって使いやすいウェブサイトにすることで、顧客満足度を高め、集客効果を高めることができます。

4.症例写真やドクターの実績を明記

患者の声や実績をホームページに掲載することで、新規患者の信頼を獲得します。

美容クリニックでは、患者の声や実績をホームページに掲載することで、新規患者の信頼を獲得することができます。施術を受けた患者の感想や症例写真、メディア掲載情報などを公開することで、クリニックの信頼性を高め、集客効果を高めることができます。

患者からの口コミを積極的に収集し、ホームページに掲載することで、他の患者への参考となり、集客に繋がる可能性があります。

5.医療広告ガイドラインの遵守

法令を遵守し、誤解を生む表現や誇大広告を避けることが重要です。美容クリニックの広告には、医療広告ガイドラインという法律が適用されます。

医療広告ガイドラインでは、効果効能を誇張した表現や根拠のない効果をうたう広告、特定の医師や医療機関を優良であると示唆する広告などが禁止されています。

法令を遵守し、誤解を生む表現や誇大広告を避けることで、患者からの信頼を得ることができ、安心して施術を受けられる環境を提供することができます。

美容クリニックの集客に関するよくある質問

美容クリニックと一般診療とで集客方法は異なりますか?

美容クリニックの方が集客難易度は高いと言われています。以下のように美容クリニックは自由診療のため、利益率が高くその分広告宣伝費に活用する事ができると言われています。その分、クリニック同士の競争率は非常に高いと言えるでしょう。

美容医療は、通常の医療と同様に生体侵襲を伴いますが、治療を行うことに対して緊急性はありません。また、医学的に必要というわけではなく、患者の求める願望を満たすためであることから自由診療となります。そのため、費用は全額負担となり高額になる傾向にあります。

一方、健康を目的とした医療行為を行う一般診療科は、診療報酬によって料金が定められており、患者の負担割合は1~3割程度です。

one-nurse:美容クリニックの看護師として働きたい方必見|仕事内容や給与などを徹底解説
院内のリソース不足です。どうすれば良いですか?

美容クリニックの多くが集客する人材不足などで悩まれるケースは少なくありません。その際は、以下の方法で解決することをお勧めいたします。

  • 外部に集客業務を委託する
  • 社内で集客できる人員を育成する

クリニックによっては、SEOライティングを看護師に教育することで、患者様と接する時間以外を集客業務に従事いただくよう工夫している院もございます。

まとめ

美容クリニックの集客には効果的な対策とポイントがあります。

適切な施策を講じることで、集客を最大化し、クリニックの繁栄を目指しましょう。美容クリニックの集客は、競合が多い中で、差別化を図り、患者の信頼を獲得することが重要です。

SEO対策、SNS運用、MEO対策、動画マーケティング、オフライン広告など、様々な集客方法を組み合わせ、ターゲットを明確化し、クリニックの強みをアピールすることで、効果的に集客することができます。

また、ウェブサイトのユーザビリティを向上させ、実績を明記し、医療広告ガイドラインを遵守することで、患者の満足度を高め、集客効果を高めることができます。

関連記事:
クリニックのSEO対策を徹底解説!病院への集患力を高める方法
クリニック・病院の集客方法とは?Web集客の成功事例、失敗しない方法を解説
クリニック・病院のホームページ制作が得意なWeb会社一覧|SEO対策も完備

馬鳥 亮佑
監修者

COOMIL(クーミル)株式会社 代表取締役。神奈川県出身。東京薬科大学大学院を修了後、大手製薬会社にて研修開発に従事する。2016年にファングロウス株式会社を創業し、マーケティング、広告運用、YouTube、SEO対策を駆使し、2年で売上1億円強かつ利益率40%強の会社へとグロースさせ、株式譲渡。YouTubeチャンネルのプロデュース・原稿制作・出演・撮影・編集の全てを自ら行い、運営10ヶ月で登録者数1万人突破させる(現在3万人越え)。IT業界だけでなく実店舗経営の知見を活かし、クライアント様の課題の本質を捉えて、「結果が出るマーケティング施策」をご提案致します。サイトを公開後も運用をお任せ頂き、サイトだけでなく「事業規模の拡大を目指す」ことがクーミルのモットーです。

■経歴

2014年 東京薬科大学大学院終了
2014年 第一三共株式会社
2016年 ファングロウス株式会社 創業
2019年 一般社団法人スーパースカルプ発毛協会(FC本部) 理事
2021年 ファングロウス株式会社 株式譲渡
2021年クーミル株式会社 創業

■得意領域

SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告
オウンドメディア運用
フランチャイズ加盟店開発、集客

■保有資格

Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

■SNS

X(旧Twitter):https://twitter.com/ryosuke_coomil
YouTube:https://www.youtube.com/@marketing_coomil