クーミル

フランチャイズ加盟店開発に効果的な集客ノウハウ!FC加盟店を増やす方法

フランチャイズ加盟店を増やすには?FC加盟店開発に効果的な集客方法
  • フランチャイズ加盟店を増やすには、どうすれば良いか分からない
  • 全国的にFC展開をしたいが、加盟店が集まらない

フランチャイズ本部を運営する中で、最も大切な要素は、FCの加盟店を増やしFC本部の母体が強くなることです。
フランチャイザーが強くなることで、結果として加盟店への恩恵を与えるような好循環を生み出すことができます。

しかし、加盟店の増やす方法をインターネットで調べても、よくあるフランチャイズ総合掲載サイトばかりで、広告宣伝費ばかりかかっていませんか?

そこで、本記事では、オンライン・オフラインからのフランチャイズ加盟店の募集方法を紹介します。
加盟店の集客方法を学んで、まずは問い合わせを増やしていきましょう。

記事の監修者:
馬鳥 亮佑(ばとり りょうすけ)

  • 全国100店舗(海外1店舗)のフランチャイズ本部の理事
  • 自ら、フランチャイジーとして3つのブランドに加盟経験
  • フランチャイズ本部の加盟店募集支援を数社行っている

デジタルマーケティングの会社を経営
フランチャイズの内情に詳しい人物が監修しております。

馬鳥 亮佑
執筆者

COOMIL(クーミル)株式会社 代表取締役。神奈川県出身。東京薬科大学大学院を修了後、大手製薬会社にて研修開発に従事する。2016年にファングロウス株式会社を創業し、マーケティング、広告運用、YouTube、SEO対策を駆使し、2年で売上1億円強かつ利益率40%強の会社へとグロースさせ、株式譲渡。YouTubeチャンネルのプロデュース・原稿制作・出演・撮影・編集の全てを自ら行い、運営10ヶ月で登録者数1万人突破させる(現在3万人越え)。IT業界だけでなく実店舗経営の知見を活かし、クライアント様の課題の本質を捉えて、「結果が出るマーケティング施策」をご提案致します。サイトを公開後も運用をお任せ頂き、サイトだけでなく「事業規模の拡大を目指す」ことがクーミルのモットーです。

■経歴

2014年 東京薬科大学大学院終了
2014年 第一三共株式会社
2016年 ファングロウス株式会社 創業
2019年 一般社団法人スーパースカルプ発毛協会(FC本部) 理事
2021年 ファングロウス株式会社 株式譲渡
2021年クーミル株式会社 創業

■得意領域

SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告
オウンドメディア運用
フランチャイズ加盟店開発、集客

■保有資格

Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

■SNS

X(旧Twitter):https://twitter.com/ryosuke_coomil
YouTube:https://www.youtube.com/@marketing_coomil

【基礎編】加盟店が増店できるビジネスモデルを作る

まずは、基本のビジネスモデルとして、FCの加盟店が赤字ばかりのビジネスモデルでは、どんなに広告宣伝費を掛けたとしても、フランチャイズ展開は難しいです。

フランチャイズは加盟店ありきのビジネスモデルとなるため、FCの加盟店が儲かる仕組みづくりから行うことが最重要です。

FCは加盟して終わりではなく、加盟してからより密な付き合いが始まります。
加盟店が儲かるビジネスモデルでないと、本部が発展していきません。

  • 直営店を出店させ、年間の収支モデルを確認
    可能であれば、首都圏と地方とでそれぞれ検証する
  • 加盟店が利益が出ることをシミュレーション・検証する
  • 顧客の集客方法の確立
  • ロイヤリティ分を加味しても利益が残るように、固定費の削減
  • 加盟金の金額設定及びロイヤリティのパーセンテージの見直し
  • モデル店舗を出店してみる

これらを十分に行うことで、フランチャイズ本部として土台が固まっていきます。

フランチャイジーが儲かる仕組みができれば、広告宣伝費を掛けずとも、各店舗のオーナーが増店希望となり、グッと広告宣伝費を削減することが可能となります。

これらの準備ができた上で、加速度的に加盟店を増やすために、これから紹介する集客方法が有効となります。

YouTubeで加盟開発に成功してるFC本部を解説しています。ぜひこちらもご覧ください

フランチャイズ本部が加盟店開発に有効な集客方法

フランチャイズ本部が加盟店開発に有効な集客方法

では今後、フランチャイズ加盟店を増やしていく時に、どのような対応ができるのでしょうか。これまで、増店に成功したフランチャイズ本部を一部モデルケースとして紹介しながら解説します。

FC加盟店の開発方法①:ホームページ

フランチャイズ本部の集客方法1つ目は、ホームページです。
ホームページのTOP又はページ下部のメニューに「FC加盟店募集」を随時掲載することも大切です。

エニタイムフィットネスHPより抜粋

正しくページ設計およびSEO対策を行うことで以下のような効果が期待されます。

見込める流入
  1. 直営店の口コミ、常連さんがファンとなり、ホームページを見て加盟を検討する
  2. 検索で「フランチャイズ 募集 〇〇」など掛け合わせキーワードで上位表示を狙う

見込める流入①:直営店が好きな人が加盟店を検討する

直営店の評判が良いと、それだけで加盟店が増えるキッカケとなります。この記事を監修している私もそうですが、加盟するフランチャイズを探している人は、売れているビジネスモデルや、評価が高いお店を常に探しています。

直営店のブランドに売上・口コミが良い・話題性がある場合は、ホームページの1部にFC加盟店募集のバナーやメニューを設置するだけで、一定の割合で加盟店を募ることができます。

見込める流入②:検索からの流入

フランチャイズに加盟したい人の中は、成熟したフランチャイズに加盟して一定の利益を得たい人だけでなく、アーリーステージのフランチャイズに加盟をして、リスクを承知で大きな利益を得たいと考える人もいます。

後者のような考えの人は、あまり世間に知られていないFC本部はないか常に検索をしています。そのため、FC加盟店募集のページを徹底的に作り込み「フランチャイズ+加盟店+業種」のようなキーワードで上位表示されるよう対策することで、加盟希望者の目に留まりやすく出来ます。

FC加盟店の開発方法②:ポータルサイトへの掲載

王道とはなりますが、ポータルサイトへ掲載することも加盟店募集する上で有効です。フランチャイズのポータルサイトは、掲載料が月額のサイトや、成功報酬型のサイトなど、さまざまです。

代表的なポータルサイトを4つ紹介します。

一括資料請求では、見たかったフランチャイズ店の資料以外に、大量の資料が送付されるため、加盟希望の度合いが低い層ばかり集まりやすくなります。

ポータルサイト選びでは「個別資料請求するユーザーの割合」が重要です。どのポータルサイトへ掲載するかは、以下のポイントを意識することが大切です。

  • 資料請求の平均数
  • ポータルサイトが検索上位に表示されているか
  • 成果型か、定額制か

これらを確認した上で、気になるフランチャイズ本部をベンチマークとして、「数ヶ月間で何店舗増店したか?」計測することもおすすめです。増店数が順調であれば、加盟店開発がうまくいっている証拠となります。

フランチャイジーの加盟店募集に毎月いくらのコストをかけるかよく検討した上で、掲載するか判断するようにしましょう。

FC加盟店の開発方法③:リスティング広告

参照:Google検索画面

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!のような検索エンジンに、ユーザーが入力した検索キーワードと連動させた広告のことです。リスティング広告は、実際にフランチャイズに興味のあるユーザーにアプローチできるのが最大の魅力です。

リスティング広告を行う場合は、闇雲に行うのではなく、専用の加盟店募集ページを作成しその上で、広告運用を行いましょう。また、運用時は広告結果を分析し、費用対効果が生まれやすいように文言や画像の修正を行う必要があります。(LPO対策)

FC加盟店の開発方法④:MEO

出典:フランチャイズジム大手エニタイムフィットネスのGoogleマップ検索結果

上記の画像はフランチャイズとしても有名なエニタイムフィットネスの検索結果となります。この検索結果に表示されている店舗のほとんどがFC店となります。

このGoogleマップを見ただけで「口コミ件数の多さ・口コミの総評」からお客様が非常に多いことが伝わってきます。

MEOは、フランチャイズに加盟する人を直接的に増やす効果は少ないですが、加盟を検討をしている人の後押しが可能です。

FCへの加盟店を検討している人が、口コミを見ることで、以下のような感情の変化が起きてきます。

  • 加盟を検討しているFC店舗の口コミ評価が高い→自分も加盟したい(安心)
  • 加盟を検討しているFC店舗の口コミ評価が低い→FCのサービス面に問題があるのでは?(不安)

フランチャイズへの加盟を検討している人には、脱サラで自分の人生を賭けて取り組む人も少なくありません。

そのため、その方々が安心して加盟できるようにFC店舗のブランディングも行うことが大切です。

YouTube動画

YouTube動画では、商品・サービスのPRがダイレクトに伝えられるほか、フランチャイズ加盟店の募集も動画内で行えます。

商品・サービスのPR以外にも、フランチャイズ本部のブランディングにも使えますし、実際に本部の人が顔を出していることで、加盟を検討している方に安心感を与えられます。

近年では、フランチャイズチャンネルの認知度拡大などにより、一般人へのフランチャイズへの認知度が高まりました。
そのため、YouTubeからの加盟店加入希望者も増えているので、YouTube動画によるマーケティングもオススメです。

SNS

X(旧Twitter)やInstagramの運用も、無料から始められる集客方法です。

フランチャイズ本部の公式アカウントにすると、フォロワーが増えにくいというデメリットがあります。

そこで「フランチャイズ本部の〇〇(名前)」としてアカウントを運用するのがポイントです。

Xの運用では、すでに加盟したオーナーにもアカウントを運用してもらい、現場の声をツイートしてもらうと、加盟後のイメージが湧きやすく、おすすめです。実際にXを経由して、加盟を決めたオーナー様も少なくありません。

良くも悪くも、拡散しやすい媒体だからこそ上手く活用しましょう。

その他、FCの加盟開発可能な集客方法

今回紹介した方法以外にも以下のような方法で加盟店開発を促すことも可能となります。

  • フランチャイズのイベントへ出店
  • 看板広告
  • 交通系の広告
  • 加盟店からの紹介制度
  • セミナーやウェビナーの実施

クーミル株式会社では様々な業種で得た
ノウハウをもとにWeb集客サポートを行なっています

・自社のホームページを立ち上げたい…
・今のサイトを本格的にリニューアルしたい…
・安定的にWeb集客をしたい…

専門の担当者が貴社のWEBサイトを改善します!

電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

フランチャイズ本部がホームページで加盟開発する上でのポイント

フランチャイズ本部がオンラインで集客する際、大切なのがホームページです。
ここからは、フランチャイズ本部がホームページで集客する際のポイントを紹介します。

サービスページと加盟店募集ページを分ける

サービスサイトとFC加盟店募集サイトを分ける

ある程度、加盟店開発が進んできて、資金的にも余裕がある場合は、サービスサイトと加盟店募集のサイトを分離させることも大切となります。

商品・サービスを紹介しているサービスサイトに加盟店募集のコンテンツを入れてしまうと「誰のためのホームページか」が不明になる恐れがあります。そのため、以下のように棲み分けさせることが大切です。

  • サービスサイト:商品・サービスのユーザーが見る
  • 加盟店募集サイト:加盟店オーナーに興味がある人が見る

また、加盟店募集用サイトを最初から分けておくことで、加盟店が増えたときに「加入者の口コミ」や「各店舗からのブログ記事」のようなコンテンツを増やせるのもメリットです。

フランチャイズ本部のホームページでは、サービスページに加え、サブドメインで加盟店募集のサイトを作成しましょう。

LPを用意する

LP(ランディングページ・Landing Page)は、広い定義では、Googleなどの検索エンジンやリスティング広告からユーザーが最初にアクセスしたページを指します。

一般的には、訪問したユーザーが何かのアクションを起こすための縦長ページを指すことが多いです。

LPの目的について
  1. 商品・サービスの注文や問い合わせ
  2. メールマガジンの登録
  3. 求人募集の申し込み
  4. 無料体験・無料会員登録

フランチャイズ本部では「FC加盟希望者からの問い合わせ」をゴールにしたLP作成が必要です。

メリット

  • 1ページに提案から問い合わせまでを順序だてて掲載できるので、訴求力が高い
  • 見た目のインパクトが大きい

デメリット

  • 直帰率が高い
  • 画像が多くなり検索にヒットしにくい

ランディングページの注意点

加盟店募集用のサイト・LPに、加盟金やロイヤリティの詳細を載せ過ぎてしまうと、反応率の低下の要因となります。加盟金やロイヤリティ等は、資料請求後に開示するのをおすすめします。

これまでの成功事例やロールモデルを中心に掲載することをお勧めします。

オウンドメディアの構築

フランチャイズの加盟店になりたい!という方で、最初から業種が決まっている方は多くありません。

現在、検討している人に対して有効なアピール方法として、自社オウンドメディアを構築して情報を配信していることです。

オウンドメディアとは、ある業種に特化した情報を配信するサイトのことを言い、現在読んでいて頂いているこの記事もオウンドメディア内に構築されています。

オウンドメディアの構築・運営は非常に労力がかかるものですが、しっかりと運用、SEO対策することで、検索上位に表示されやすくなります。

結果として、サービス利用者も増やすことができるだけでなく、FC加盟店へお客様を送客することができます。

このオウンドメディアを行う重要性について以下の動画でも解説していますのでご覧ください。

フランチャイズ本部が加盟店集客で失敗しないコツ

フランチャイズ本部が加盟店集客で失敗しないコツ

最後に、フランチャイズ本部が加盟店集客で失敗しないコツを紹介します。

競合より優れたフランチャイズ本部を作る

フランチャイズ本部が加盟店集客で失敗しないために、まずは競合より優れたフランチャイズ本部を目指しましょう。
例えば、以下の項目を比較して自社の強みを見つける方法があります。

  1. ブランディング
  2. 店舗運営ノウハウ
  3. 顧客管理システム
  4. 人材育成ノウハウ
  5. 初期費用
  6. 加盟金
  7. ロイヤリティ

フランチャイズの比較サイト・競合他社のサイトを参照しながら、自社の強みを洗い出し、その上で、競合よりも加盟店の負担が少ないフランチャイズを作りましょう。

マーケティングは本部が行う

新商品やサービスの取り入れ方、店舗の立地など、マーケティングが必要な場面では、フランチャイズ本部がマーケティングを行いましょう。もし、加盟店オーナー所有の物件があっても、立地が悪ければ、利益が出にくいからです。

地域の商圏や競合他社を調べるといったマーケティングスキルも、加盟店にとっては負担が大きいので、本部で負担するようにしましょう。

加盟店の手間を減らすシステムを作る

フランチャイズ本部の方で、加盟店の手間を減らすシステムを作りましょう。具体的には、顧客管理や売上管理システムが挙げられます。

顧客管理・売上管理は、慣れないオーナーにとっては負担となるので、共通システムを提供することで、オーナーが販売や店舗運営に専念できるからです。

上記の体制を構築することで、加盟店の情報を本部が一括管理することができ、顧客情報のビックデータを本部で貯めることができるため、今後の店舗展開において非常に役に立ちます。

加盟店の審査は慎重に

資料請求や問い合わせがあったら、加盟店の審査を慎重に行うことも、失敗を避けるコツです。フランチャイズ募集では、さまざまなオーナー候補が集まります。

自社内で「どんな人物がオーナーに適しているか」をしっかり言語化しておくと、開業後のトラブルを避けられます。

加盟店オーナーに向いていない人には、次の例があります。

  • 本部のノウハウを守らない
  • 本部に責任を押し付ける
  • 学ぶ意欲がない

本部の意見を聞かない人は、開業後に利益が出ないことでクレームにつながりやすく、クレーム処理でSVのリソースが割かれるので、おすすめできません。

面談をしていて違和感がある場合は、加盟をお断りするのもリスクヘッジです。

クーミル株式会社では様々な業種で得た
ノウハウをもとにWeb集客サポートを行なっています

・自社のホームページを立ち上げたい…
・今のサイトを本格的にリニューアルしたい…
・安定的にWeb集客をしたい…

専門の担当者が貴社のWEBサイトを改善します!

電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

まとめ

フランチャイズ本部が加盟店を集客する際、まずはフランチャイズ本部の認知が必要です。

ポータルサイトの掲載は、掲載料が必要で、直接的に問い合わせの増加につながらないかもしれませんが、認知度を上げるにはおすすめの施策といえます。

直接問い合わせ数を増やしたい場合は、リスティング広告とLPを組み合わせた施策と平行して、ホームページのSEOやコンテンツSEOを行いましょう。

無料でできるSNSやMEOのような施策もあるので、予算に応じて、できるところから実施していくのがおすすめです。

広告費を適切に使い、ホームページから集客するためには、Webマーケティングに精通したホームページ制作会社に依頼すると、コストカットにつながります。

本部・加盟店ともにwin-winの関係を構築できるよう、オンライン・オフラインともに集客を頑張っていきましょう。