SEO対策の効果が出るまでの期間は?早期に効果を感じるための内部・外部施策

SEO対策の効果が出るまでの期間は?早期に効果を感じるための内部・外部施策

ホームページやコンテンツを作ったものの、「検索結果に上位表示されない」と悩んでいませんか?

ホームページやコンテンツを検索上位に表示させるためには、「SEO(検索エンジン最適化)」が必要ですが、このSEOはすぐに効果が表れる施策ではありません。

SEOの成果を最大化するためには、効果が反映されるまでのおおよその期間を把握し、順次施策を講じていくことが重要です。本記事では、SEOの効果が出るまでの期間と、効果的な施策の内容について解説します。

本記事のポイント
SEO対策についてクライアント様によって求める効果の定義が異なります。そのため、段階別にSEO対策の効果が出るまでの期間を記載しております。

弊社の知見及び、期間内で効果を見出す為の具体的なSEO施策も記載しております。
SEO対策の相談やお困りごとがございましたら、メディアのフェーズに応じてアドバイス可能ですのでお問い合わせください。

電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

馬鳥 亮佑
執筆者

COOMIL(クーミル)株式会社 代表取締役。神奈川県出身。東京薬科大学大学院を修了後、大手製薬会社にて研修開発に従事する。2016年にファングロウス株式会社を創業し、マーケティング、広告運用、YouTube、SEO対策を駆使し、2年で売上1億円強かつ利益率40%強の会社へとグロースさせ、株式譲渡。YouTubeチャンネルのプロデュース・原稿制作・出演・撮影・編集の全てを自ら行い、運営10ヶ月で登録者数1万人突破させる(現在3万人越え)。IT業界だけでなく実店舗経営の知見を活かし、クライアント様の課題の本質を捉えて、「結果が出るマーケティング施策」をご提案致します。サイトを公開後も運用をお任せ頂き、サイトだけでなく「事業規模の拡大を目指す」ことがクーミルのモットーです。

■経歴

2014年 東京薬科大学大学院終了
2014年 第一三共株式会社
2016年 ファングロウス株式会社 創業
2019年 一般社団法人スーパースカルプ発毛協会(FC本部) 理事
2021年 ファングロウス株式会社 株式譲渡
2021年クーミル株式会社 創業

■得意領域

SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告
オウンドメディア運用
フランチャイズ加盟店開発、集客

■保有資格

Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

■SNS

X(旧Twitter):https://twitter.com/ryosuke_coomil
YouTube:https://www.youtube.com/@marketing_coomil

SEO対策の効果が出るまでの期間

SEO対策の効果が出るまでの期間

SEO対策の「効果が出た」と感じる定義はクライアント様が求めるニーズによっても変わってきます。
そのため、何を指標するかによって、求める効果を達成するまでの期間が異なります。

今回は、弊社が考えるSEO対策の効果について段階別に効果が現れるまでの期間を定義付けしております。

SEO対策_段階別の期間について

弊社(クーミル)ではSEO対策の効果について以下のように段階別に分けて考えております。

SEO対策の段階別の効果を実感するまでの期間について
  1. PV数が増える・ドメインパワーが高まり始める期間の目安
  2. SEO対策したキーワードが検索順位10位以内を獲得するまでの期間の目安
  3. 1件のリードを獲得するまでの期間の目安
  4. SEO対策により、安定的に毎月数件の問い合わせが来るまでの期間

それぞれについて深掘りして確認していきましょう。

1.PV数が増える・ドメインパワーが高まり始める期間:3ヶ月程度

弊社が新規サイトをSEO対策する場合、ドメインパワーやPV数が増え始めるまでの3ヶ月程度とお伝えすることが多いです。

行うべきSEO対策について
  1. 新規コンテンツを定期的に追加する:月10記事〜
  2. ドメインパワーを高めるために被リンクを獲得する

Googleなどの検索エンジンがWebサイトのコンテンツを評価し、検索結果に反映させるまでに約2-3ヶ月程度かかると言われています。これらを加味した結果、サイトへのPV数や評価が見えるまでには、3ヶ月程度の期間が必要となります。

既に公開済みのサイトでは、施策開始1ヶ月程度でPV数やドメインパワーが上昇することも少なくありません。

2.SEO対策したキーワードが検索順位10位以内を獲得するまでの期間の目安:4~6ヶ月

狙ったキーワードで検索順位10位以内を獲得するまでの目安の期間は4~6ヶ月程度とお伝えしています。

行うべきSEO対策について
  1. 上位表示化させたいキーワードの関連キーワードを制作し、内部リンクを集約する
  2. 関連性の高い記事を公開し、サイトのテーマ性を高める
  3. 関連性が高いサイトから被リンクを獲得する

上記のような対策を正しく行うことで、ロングテールキーワード(月間検索Vol:~1,000)のキーワードなどで上位表示化することが可能となります。

3.1件のリード(問い合わせ)を獲得するまでの期間の目安:4~6ヶ月

SEO対策を行い、1件のリード獲得(問い合わせ)を獲得するまでの期間の目安は4~6ヶ月となります。上記に記載した検索順位10位以内を獲得する期間と同等程度だと考えるようにしましょう。

月間の検索Vol:1,000のキーワードで検索順位3位のシミュレーション
  • サイトへの流入数:100トラフィック
    クリック率(CTR)を10%と仮定
  • 記事からの問い合わせ件数:1件
    コンバージョン率(CVR)を1%と仮定

月間検索Vol1,000のキーワードで検索順位3位を獲得することができれば、1件のリード獲得することが可能です。

4.SEO対策により、安定的に毎月数件の問い合わせが来るまでの期間:1年〜

SEO対策を行い、安定的に毎月問い合わせを獲得することができるまでの期間の目安は1年〜となります。

新規サイトから効果的なSEO対策を行なった場合となりますので、メディアの成熟具合によって成果が現れるまでの期間が早まることも少なくありません。

これらの期間はメディアの状況に応じたSEO対策を継続的に行うことで効果を感じることができます。

一度効果が現れたからといって対策を止めてしまうと、順位が下がってしまう恐れがありますので、長期的な視点を持ち、定期的にWebサイトの分析と改善を行うようにしましょう。

電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

SEOの効果が出るまでの期間に関するYouTube動画

SEOの効果が出るまでの期間についてYouTube動画でも詳しく解説しております。

SEO効果を早く実感するためのSEO施策について

SEO効果を早く実感するためのSEO施策について

SEO効果を早く実感するためには、いくつかポイントがあります。短い期間でSEOの効果を高めるために、それぞれの内容を参考にしてください。

  1. 適切なタグ設定
  2. 適切なキーワード選定
  3. 高品質なコンテンツの作成
  4. 内部リンクと外部リンクの戦略

効果的なSEO施策1:適切なタグ設定

SEO効果を早めるためには、適切なタグ設定が必要です。
ここでは重要な4つのタグに焦点を当てて解説します。

①:titleタグ

titleタグとは、HTMLドキュメントのヘッダー部分に記載するタグで、ページのタイトル部分です。このタイトルは、検索結果ページ(SERP)で表示されるため、ユーザーがクリックするかどうかを決める重要な要素となります。

SEO効果とクリック率を高めるためには、以下のような点を意識します。

  1. メインキーワードを含める
  2. ページの内容を的確に表現する
  3. 重要なキーワードを左側に配置する
  4. 30〜40文字以内に収める

表示回数が多いのにクリック率が低い場合は、タイトルを修正することで流入数を大幅に改善できる可能性が高くなります。SEO評価されるタイトルタグの設定方法について動画でも解説しております。

見出しタグ 

見出しタグは、ページ内の見出しを表すために使用するタグです。
h1タグが最上位の見出し(タイトル)を表し、以下h2、h3と階層が下がっていきます。

見出しタグを適切に使用することで、以下のようなSEO効果が期待できます。

  1. ユーザーにとって読みやすいコンテンツになる
  2. 検索エンジンがページの内容を理解しやすくなる
  3. 主要なキーワードを見出しに含めることで関連性が高まる

見出しは、ユーザーと検索エンジン双方にとって重要な項目です。読みやすさとキーワードのバランスを取りながら作成しましょう。

メタディスクリプション

メタディスクリプションは、ページの内容を要約した短い説明文です。検索結果でページタイトルの下に表示されるため、クリック率に大きな影響を与えるタグです。

メタディスクリプションを設定する際は、以下の点に注意しましょう。

  1. ページの内容を的確に要約する
  2. メインキーワードを自然な形で含める
  3. 60〜100文字程度でまとめる
  4. 各ページで異なる説明文を設定する
具体例

記事タイトル:
効果が出るSEO対策10選を紹介|検索上位表示を狙うための方法

メタディスクリプション:
Googleに評価されるWebサイトが行っているSEO対策を厳選して10つご紹介。内部施策から外部施策まで、上位表示化させるための効果的なSEO施策を解説しております。(計84文字)

YouTubeにてメタディスクリプションタグの設定について解説しております。

画像タグ(altタグ)

画像タグ(imgタグ)は、Webページに画像が表示できなかった場合に内容を伝えるためのタグです。画像にalt属性を設定することで、画像の内容を検索エンジンが読み取って評価できます。

alt属性の設定では、以下の点に気をつけましょう。

  1. 画像の内容を的確に表現する
  2. キーワードを自然な形で含める

「コーヒーショップA」の店内画像を使用する場合、alt属性は「渋谷のコーヒーショップAの店内の様子」のように設定すると効果的です。

効果的なSEO施策2:適切なキーワード選定

適切なキーワード選定は、SEO対策において非常に重要な要素です。
ここでは、キーワード選定の手順と、効果的なキーワードの選び方について詳しく説明します。

SEO対策によって上位表示化を狙う為のキーワード選定は、YouTube動画にて解説しております。

上記の動画は検索結果の状況も含めて勝てるキーワード選定を解説しております。

ユーザーの検索意図を理解する

キーワード選定の第一歩は、ターゲットとなるユーザーがどのようなキーワードで検索するかを理解することです。自社の商品やサービスに関連する語句だけでなく、ユーザーが抱える悩みや問題点に関連するキーワードも洗い出しましょう。

イメージ

事業内容:
Web制作・デザイン

サービスに直結するキーワード:
「Webデザイン 制作会社」、「ホームページ作成」

間接的なキーワード:
「集客力アップ 方法」、「ブランディング 重要性」

キーワードの検索ボリュームを調査する

次に、洗い出したキーワードの検索ボリュームを調査します。検索ボリュームとは、そのキーワードが一定期間内にどの程度検索されているかを示す数値です。

検索ボリュームの調査には、Googleキーワードプランナーや有料のキーワードリサーチツールを利用します。

一般的に、検索ボリュームが多いキーワードは競合も多くなるため、キーワードを2つ〜3つ使ったロングテールキーワードを選ぶことも効果的です。

競合サイトのキーワードを分析する

競合サイトがどのようなキーワードで上位表示されているかを分析することは、自社サイトのキーワード選定に役立ちます。

競合サイトのキーワード分析には、SEMrushやAhrefsなどの有料ツールが効果的です。有料のSEOツールを使うことで、競合サイトの上位表示キーワードやそのキーワードの検索ボリュームまで把握できます。

自社サイトに合ったキーワードを選定する

ユーザーの検索意図や検索ボリューム、競合サイトの状況を総合的に分析し、自社サイトに合ったキーワードを選定します。その際、以下の点を踏まえましょう。

  1. 自社の商品やサービスに関連性が高いキーワードを選ぶ
  2. 検索意図に合致したキーワードを選ぶ
  3. 一定の検索ボリュームがあるキーワードを選ぶ
  4. 競合が少ないキーワードも検討する
イメージ

事業内容:
SEOコンサルティングの会社

選定キーワード:
「SEO対策 東京」、「オウンドメディア SEO対策」、「検索順位 上位表示化 方法」

効果的なSEO施策3:高品質なコンテンツの作成

高品質なコンテンツの作成は、SEO対策において重要な要素です。検索エンジンだけではなく、読者からも好かれる高品質なコンテンツ作成のポイントを解説します。

ユーザー像と悩みを具体的にする

高品質なコンテンツを作成するためには、まずターゲットとなるユーザー像を明確にする必要があります。

  1. ユーザーの年齢を設定する
  2. 性別を設定する
  3. 職業を設定する
  4. 年収を設定する
  5. 家族構成を設定する
  6. 関心事を設定する

上記のように詳細に設定し、ペルソナを作成しましょう。

次に、そのユーザーが抱える悩みや問題点を具体的に洗い出します。商品やサービスに関連する悩みだけでなく、ユーザーの日常生活や仕事に関連する悩みも考慮することが重要です。

イメージ

事業内容:
Web制作・デザイン

ターゲット:
自社のWebサイトのリニューアルを検討している中小企業のマーケティング担当者

悩み:
「予算内で効果的なWebサイトを制作したい」、「Webサイトを活用して自社の認知度を高めたい」

問題解決に役立つオリジナル情報を入れる 

SEO効果を高めるためには、ユーザーの抱える悩みや問題点の解決に役立つ、オリジナリティのある情報提供がポイントです。競合サイトの情報を単に引用するのではなく、自社ならではの知見や経験、データを盛り込みましょう。

自社の専門性を活かした情報を提供することで、ユーザーにとって価値のあるコンテンツになるだけでなく、自社の信頼性や権威性も高まります。

イメージ

事業内容:
SEOコンサルティングの会社

コンテンツテーマ:
「BtoB企業のSEO戦略及び成功事例」「ビックキーワードで1位を獲得するために実施したSEO施策」「オウンドメディアにおけるロングテールキーワードの重要性」

盛り込む要素:
具体的な成功事例(施策内容・結果)を交えたSEO対策について

上記のようなコンテンツの自社事例を交えながら作成することで質の高いコンテンツへと作り込みができます。

読みやすさを重視する

高品質なコンテンツとは、ユーザーにとって読みやすいものです。
読みやすさを重視するためには、以下の点に気をつけましょう。

  1. 文章の構成を明確にする(序論、本論、結論)
  2. 段落分けを適切に行う
  3. 箇条書きを活用する
  4. 重要な情報は太字やハイライトで強調する
  5. 画像や動画を適切に配置する
  6. フォントサイズや行間を適切に設定する

ユーザーの読む速度や理解度を考慮し、わかりやすい言葉で説明することも大切です。専門用語を使う場合は、必要に応じて用語集や解説を設けるなどの配慮が必要です。

定期的に更新する

高品質なコンテンツを維持するためには、定期的な更新が欠かせません。新しい情報を追加したり、古い情報を削除したりすることで、常に最新で価値のあるコンテンツを提供しましょう。

定期的な更新は、ユーザーのリピート訪問を促すだけでなく、検索エンジンからの評価も高くなります。Googleをはじめとする検索エンジンはWebサイトの更新頻度を重要な指標の1つとしているためです。

更新頻度は、Webサイトの種類やターゲットユーザーによって異なりますが、少なくとも月に1回程度は更新することを目安にしましょう。

効果的なSEO施策4:内部リンクと外部リンクの戦略

内部リンクと外部リンクの戦略は、SEO対策において重要な施策です。ここでは、手軽に導入できる施策から費用をかけた施策まで解説します。

関連性の高いコンテンツ同士を内部リンクで結ぶ

SEO難易度高いキーワードを上位表示化させるために関連記事から内部リンクを設置するイメージ
SEO難易度高いキーワードを上位表示化させるために関連記事から内部リンクを設置するイメージ

サイト内の関連性の高いページ同士を内部リンクで結ぶことは、ユーザーの回遊性を高めるだけでなく、SEO効果も向上させます。内部リンクを適切に設置することで、以下のような効果が期待できます。

  1. ユーザーがサイト内の関連情報を探しやすくなる
  2. サイト内の重要なページに検索エンジンのクローラーを誘導できる
  3. 関連性の高いページ同士の関連性が検索エンジンに伝わる

サイトの階層は2層~3層までにする

サイトの階層構造をシンプルにすることは、ユーザーと検索エンジンの両方にとって重要です。階層が深すぎると、ユーザーが目的のページにたどり着きにくくなるだけでなく、検索エンジンのクローラーもサイトの奥深くまで到達しにくくなるというデメリットが発生します。

理想的なサイト構造は、トップページから2〜3クリックでほとんどの階層にアクセスできる状態です。これを実現するためには、カテゴリーやタグを適切に設定し、情報をわかりやすく整理することが大切です。

リンクを入れ過ぎないようにする

内部リンクと外部リンクは適度な数に留めることが重要です。ページ内のリンクが多すぎるとユーザーが混乱するだけでなく、検索エンジンからスパムと見なされる可能性があるためです。

内部リンクは、1ページあたり5個~10個程度に調整しましょう。外部リンクは、信頼できる関連サイトへのリンクに限定して、必要以上に多くのリンクを貼らないようにします。

関連性が高い外部リンクを集める

自社サイトと関連性が高いサイトから被リンクを集めることは、サイトのテーマ性を高める及びドメインパワーを高める上で非常に重要です。

ドメインパワーと検索結果には高い相関性があるため、SEOの効果を高めるためにはドメイン自体の評価を高めることも忘れてはいけません。

効果的なSEO施策5:コンテンツマーケティングを取り入れる

コンテンツマーケティングとは、自社サイト以外のメディアで情報発信を行い、自社サイトへの誘導を図る手法です。

自社ブログやSNS、外部のメディアなどを使ってユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供し、自社サイトの認知度とSEO効果を高めます。

例えば、「Webデザイン」の会社であれば、デザインに関する知識やノウハウを自社ブログで発信したり、デザイン関連のメディアにゲスト記事を寄稿したりすることが考えられます。

効果的なSEO施策6:ニュースリリースやプレスリリースを配信する

ニュースリリースやプレスリリースを配信することで、多くのメディアに取り上げられる可能性が高まります。自社サイトへの注目度が上がると被リンク獲得につながるので、SEO効果にもつながります。

ニュースリリースやプレスリリースを配信する際は、以下の点に留意しましょう。

  1. 関係者にとって価値のある内容にする
  2. 見出しや本文に重要なキーワードを自然に盛り込む
  3. 自社サイトへのリンクを適切に設置する
  4. 信頼性の高いニュース配信サービスを利用する

ニュースリリースやプレスリリースを活用することで、自社サイトへの流入経路を多様化し、SEO効果を相乗的に向上できます。

SEO効果測定と改善方法

SEO効果測定と改善方法

SEO効果測定と改善方法は、継続的に上位表示を狙う上で欠かせません。ここでは、効果測定ツールの紹介と、定期的なサイト分析ツール4選と改善方法について詳しく解説します。

1.Google Analytics(無料)

Google Analyticsは、Googleが無料で提供しているツールです。

  1. 訪問者数
  2. ページビュー数
  3. 滞在時間
  4. デバイス
  5. 地域
  6. ページの流入元
  7. 離脱率など

上記を細かく分析できるので、多くのWebサイトに導入されています。目標設定機能で、特定のコンバージョン(問い合わせや商品購入など)の測定も可能です。

2.Google Search Console(無料)

Google Search ConsoleもAnalyticsと同様に、Googleが無料で提供しているツールです。

  1. サイトの表示回数
  2. クリック数
  3. クリック率
  4. 平均順位
  5. クエリ
  6. クロールステータス
  7. インデックス状況など

流入の分析の他に、サイトエラーやセキュリティ上の問題の通知を受けられる点が、Analyticsとの違いです。

3.Ahrefs(有料)

Ahrefsは、サイトの被リンク(バックリンク)の数や質を調査できるツールです。

  1. キーワードの検索ボリューム
  2. ランキング
  3. KEI(Keyword Effectiveness Index)など

競合サイトの被リンク状況やオーガニックキーワードも分析可能なので、自社と競合他社を相対的に判断する際に詳細な分析が可能です。

まとめ

SEOの効果が出るまでは、6か月~1年程度かかります。
効果を早く実感するためには、SEOの実績がある制作会社に分析や施策の相談をしてみるのもおすすめです。

この記事を執筆しているクーミル株式会社は、SEOをはじめWebマーケティングに精通しています。

オウンドメディアの構築やCV数増加など、実績も豊富なので、SEO対策に関してお気軽にお問い合わせください。