クーミル

未経験からWebライターには?年収・スキル・案件の取得方法を解説

未経験でWebライターになる方法とは?収入・スキル・案件の取得方法を解説

Webライターは、パソコン1台さえあれば場所や時間に捉われることなく仕事ができます。

初めてでも挑戦しやすいため、副業としても人気を集めている職業です。一方で、Webライターの仕事にチャレンジしたいと思いつつも「はじめの一歩」をなかなか踏み出せない人も多いようです。

  • 全くの初心者でもWebライターになれるの?
  • Webライターの仕事は具体的にどんなことをするの?
  • Webライターに必要なスキルや知識が分からない…

など、Webライターをはじめるにあたって、不安を抱えている人は少なくありません。

未経験者から、Webライターとしてクーミル株式会社を助けてくれている人が多くいらっしゃいます。

そこで今回は、Webライターの仕事内容や求められるスキルについて詳しく解説します。また、フリーランスのWebライターになる方法初めてでも収入をアップさせるコツもお伝えします。

馬鳥 亮佑
監修者

COOMIL(クーミル)株式会社 代表取締役。神奈川県出身。東京薬科大学大学院を修了後、大手製薬会社にて研修開発に従事する。2016年にファングロウス株式会社を創業し、マーケティング、広告運用、YouTube、SEO対策を駆使し、2年で売上1億円強かつ利益率40%強の会社へとグロースさせ、株式譲渡。YouTubeチャンネルのプロデュース・原稿制作・出演・撮影・編集の全てを自ら行い、運営10ヶ月で登録者数1万人突破させる(現在3万人越え)。IT業界だけでなく実店舗経営の知見を活かし、クライアント様の課題の本質を捉えて、「結果が出るマーケティング施策」をご提案致します。サイトを公開後も運用をお任せ頂き、サイトだけでなく「事業規模の拡大を目指す」ことがクーミルのモットーです。

■経歴

2014年 東京薬科大学大学院終了
2014年 第一三共株式会社
2016年 ファングロウス株式会社 創業
2019年 一般社団法人スーパースカルプ発毛協会(FC本部) 理事
2021年 ファングロウス株式会社 株式譲渡
2021年クーミル株式会社 創業

■得意領域

SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告
オウンドメディア運用
フランチャイズ加盟店開発、集客

■保有資格

Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格

デジマーケ編集部
執筆者

デジマーケは、クーミル株式会社が運営するデジタルマーケティング情報メディアです。Webサイト制作、SEO対策、リスティング広告、SNS広告(Facebook、Instagram)など企業のWeb担当者向けに集客や売り上げUP、認知度UPに繋がるデジタルマーケティング情報を配信するメディアサイトです。

Webライターの仕事内容とは?

Webライターと言えば、Web上の文章を書くのが仕事です。

Web上にはさまざまな文字情報が存在するため、Webライターの具体的な仕事内容が分からないという方は多いようです。

以下では、Webライターの具体的な仕事内容と魅力や将来性についてご紹介します。

どんな仕事?Webライターの仕事内容

Webライターは、Web上で企業の魅力や商品のメリット、ユーザーに役立つ情報などを文章にする仕事です。

クライアントから依頼を受けてWebサイトに掲載するための記事を執筆することが主となる業務です。

クライアントにより執筆するテーマやキーワード、文字数などは異なります。Webや本などから情報収集したり、自身の知識や経験に基づき執筆するのが一般的です。

場合によっては、取材が必要になるケースもあるでしょう。執筆した記事が、多くの人々に読まれることで、クライアントの認知度や信頼性の向上に貢献できます。

Webライターの魅力や将来性とは?

Webライターは、働く場所や時間を選ばずに仕事ができることが最大の魅力です。

インターネットの普及によりWebが身近になった今、ユーザーの情報収集源は、テレビや本・雑誌などの紙媒体からWebにシフトしています。

急速に進むデジタル化にともないWebライターの活躍の場も広がっており、今後も需要は高まることが予想されるでしょう。

未経験でもはじめやすいWebライターは、誰でも簡単になれるためライバルが多い職業でもあります。

仕事を獲得していくには、専門の得意分野やSEO知識、取材スキルなど、知識やスキルを習得してライバルとの差別化を図ることが必要です。

Webライターにはどんな働き方について

Webライターとして仕事をしていくには、フリーランスと会社勤めの2つの働き方があります。

以下では、それぞれの働き方についてご紹介します。

フリーランスのWebライターとして活動する

近年、政府が推進している「働き方改革」により、人々の働き方は多様化しています。会社勤めとしての働き方だけでなく、フリーランスとして働く人は年々増加傾向にあり、フリーランスとして活動するWebライターは多いです。

フリーランスのWebライターは、企業に所属することなく、案件ごとに契約を結んで仕事をします。

自分のペースで仕事ができ、働く時間や場所なども自由なのが魅力です。ただし、仕事を獲得できなければ収入は得られません。

ライティング作業以外にも、事務業務や経理業務なども自分でこなす必要があります。

初めてでもフリーランスとして活動することは十分可能です。

スタートしたばかりのころは単価が低いですが、知識やスキルを身につければ収入アップも期待できます。

ライティング担当者として会社勤めする

Web制作会社やIT企業など、Webライターを募集している企業の求人に応募して、ライティング担当者として働く方法もあります。

Webライターとしてのスキルを一から身に付けられるだけでなく、安定した給与をもらいながらWebライティングの勉強ができるのもメリットです。

ただし、企業に所属して働くため、ライティング作業だけでなく会議や雑務などもこなす必要があるでしょう。

Webライターはどのぐらい稼げる?文字単価について

未経験のWebライター
(SEO初心者)
一般レベルなライター
(SEOが少しわかる)
上級レベルのライター
(SEO、WPがわかる)
SEO会社
1文字:0.3~0.5円程度1文字:0.7~3.0円程度1文字:3.0~5.0円程度1文字:3.0~10.0円程度

Webライターの始めたては、文字単価が安く思ったよりも稼げないのが現実です。
しかし、経験を積み1文字の単価を上げていけば、どこまでも収入を伸ばしていけます

Webマーケティング(SEO)を意識した1記事の文字量は、3,000文字以上であることがほとんどです。
1文字単価を2円以上獲得することができれば、1記事執筆するだけで6000円以上となります。

仮に1記事3000文字を月10本納品した場合、「記事:6000円×10本/月=60,000円」と自宅にいながらアルバイト並みの収入を得ることが可能です。

慣れてくると、3000文字程度であれば、2~3時間程度の作業で可能となります。

YouTube動画にて、企業がWebライターに求めるスキルについて解説しております。

Webライターに求められるスキルについて

Webライターとして仕事をする際に気になるのが、どのようなスキルが必要なのかではないでしょうか?

以下では、Webライターに求められるスキルについて詳しく解説します。

  1. 基本的なパソコンスキル
  2. コミュニケーションスキル
  3. 自己管理能力
  4. リサーチ分析力
  5. 分かりやすい文章を書くスキル
  6. SEOに関する知識・スキル
  7. WordPressへ直接入稿できるスキル(+α)
  8. 取材できるスキル(+α)

基本的なパソコンスキルは不可欠

パソコンを使って文章を書くWebライターにとって、基本的なパソコンスキルは必須です。

効率的に執筆するためにもブラインドタッチは身につけておきたいスキルと言えるでしょう。

執筆した記事の納品方法は、クライアントによって異なります。

納品方法は、WordやGoogleドキュメントがほとんどですが、クライアント独自のシステムを使用する場合もあります。クライアントの指示に従いましょう。

また、クライアントとのコミュニケーションツールとしてビジネスチャットを利用することもあります。チャットツールの操作にも慣れておくと安心です。

円滑に仕事を進めるためのコミュニケーションスキル

Webライターと言えば、パソコンに向かって1人で黙々と作業する姿をイメージする人が多いのではないでしょうか?

意外に思われる人もいるかもしれませんが、Webライターにはコミュニケーションスキルも求められます

Webライターは記事を書くだけでなく、仕事の依頼や納品、フィードバックなどクライアントとコミュニケーションをとる機会が意外に多いものです。

クライアントとのコミュニケーションはチャットツールやWeb会議ツールを使用することがほとんどで、それぞれ適したマナーがあります。

クライアントの意図やニーズを的確に把握し、自分の考えを分かりやすく伝えることも大切です。

コミュニケーションスキルを磨くことで、クライアントとの信頼関係を築き、仕事の質や効率も向上します。

自由が魅力の反面、自己管理能力が求められる

自宅やカフェなど場所や時間に捉われない働き方ができるのが、Webライターの魅力です。

しかし、自由であるがゆえに、自己管理能力が求められます

自ら仕事を獲得し管理しなければならないため、クライアントの指示通りに案件をこなすためにはしっかりとした「強い意思」が必要です。

フリーランスのWebライターは、複数のクライアントと契約することがほとんどです。

クライアントごとに、それぞれ納期やレギュレーションが異なります。仕事の進捗を管理しつつ、自ら調整しなければなりません。

リサーチ力:的確な情報収集と整理する能力

あらゆる媒体から集めた情報を、ただ書き連ねるだけでは記事として不十分です。

記事を書くためには「リサーチ力」が求められます

リサーチ力とは、必要な情報を調べたうえで分析し活用する能力です。

執筆するにあたり、必要な情報を明確にし、的確な情報にアクセスする必要があります。

情報が溢れかえるWeb上から信頼できる情報源を探し出し、記事としてまとめあげるために整理します。さらに、読み手のニーズを推測しながら文章を組み立てなければなりません。

分かりやすい文章を書くスキル

Webライターには、小説家やエッセイストのような個性的な文章を書くスキルは必要ありません。

Webライターに求められるスキルとは、いかに読み手に分かりやすい記事であるかです。

記事の構成力と文章力がWebライターに求められるスキルになります。

読み手のニーズを想像し、どのような構成にすればより伝わりやすいのかを考えて文章を組み立てます。

クライアントの要望を的確に捉え、ターゲットに合わせた文章を執筆することも大切です。

分かりにくい言い回しは避け、端的で理解しやすい文章を意識しましょう。

SEOに関する知識やスキル

WebライターにとってSEOの知識やスキルは欠かせません。

SEOとは、検索エンジンの最適化のことでWebマーケティングの手法の1つです。対象のキーワードで検索した際に表示される検索結果画面で、自社サイトを上位に表示させるためのさまざまな施策を意味します。

Webライティングでは、多くの人々に読まれるためにSEOの上位に表示されるような記事の執筆が不可欠です。

SEOの知識を習得することで、より多くのユーザーの目にとまる記事が執筆できるようになります。

SEOのスキルがあることで、高単価の仕事を獲得できる可能性が高まるでしょう。

WordPressへ直接入稿できるスキル

WordPress(ワードプレス)とは、サイトの作成やブログの作成などができるCMS(コンテンツ管理システム)の1つです。

無料のソフトウェアで、世界中のサイトのおよそ4分の1はWordPressで作成・管理されていると言われています。

WordPressのスキル習得により、記事の執筆だけでなく文章の装飾や図表の挿入などもできるようになります。WordPressの基本的な知識やスキルを身につけることで、仕事の幅が広がるでしょう。

付加価値が付くスキル:取材スキル

Webライターは、Webや本などから情報収集することがほとんどですが、中には取材が必要な案件もあります。

取材をもとにした記事を執筆するには、取材相手の選定からアポイント、事前のリサーチ、録音データの文字起こしなどが必要です。さらに、自ら写真撮影するケースもあります。

取材の際は、相手の話を聞くだけではなく、限られた時間で必要な情報を聞き出すスキルも必要です。

ライバルとの差別化を図る上で、取材に対応できるスキルは役立つスキルと言えるでしょう。

初めてでもフリーランスのWebライターになる方法

まったくの未経験者がフリーランスのWebライターになるには、どのようなアプローチ方法があるのでしょうか?

フリーランスとして初めてWebライターに挑戦するのであれば、以下の2つの方法があります。

クラウドソーシングサイトに登録する

初めてWebライターに挑戦する人におすすめなのが、Web上で仕事のマッチングが行える「クラウドソーシングサイト」の利用です。代表的なクラウドソーシングサイトは以下の2社です。

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ

クラウドソーシングサイトでは、Webライティングの案件がたくさんあります。

安定した収入を得るためには、ある程度の期間が必要になることを覚悟しておきましょう。

メディアサイトのWebライターに応募する

Webメディアでは、サイト内でライターを募集しているケースもあります。

日ごろから興味を持って見ているようなメディアやお気に入りのメディアがあれば、Webライターを募集していないか確認してみましょう。

ただし、Webライターとしての実績が分かるポートフォリオの提出を求められるケースが多いです。

初めてWebライターに挑戦する人にとってはハードルが高い方法かもしれません。

案件受注から納品までの流れ

ライティング案件を受注してから納品までのフローをご紹介します。

STEP1:案件を探す

クラウドソーシングサイトの登録が完了したら、早速、案件に応募してみましょう。
得意分野や興味がある分野、自分にできそうなものがあれば臆さずチャレンジしてください。

はじめて案件を探すときは、以下の条件を基準に選ぶと失敗が少なくおすすめです。

初めてのWebライティングにオススメの案件について

  1. マニュアルや構成指示書がある案件
  2. 発注者の評価や口コミが高い
  3. できれば文字単価1.0円以上(最低でも0.5円以上)
  4. 単発ではなく長期継続の案件
  5. プロジェクト案件

初心者OKの案件の中には文字単価0.4円以下といった低単価の案件もあります。

未経験だから…といって、低単価の案件を受けてしまうと割が合わないだけでなく、悪質な案件もあるようなので注意が必要です。

ほとんどのクラウドソーシングサイトでは、報酬の20%程度を手数料として支払わなければなりません。

初心者であっても、低単価過ぎる案件は避けるのが無難です。

STEP2:魅力的な提案文で応募する

仕事を応募する際に送る、提案文をより魅力的にすると案件を獲得しやすくなります。

提案文はあなたのスキルや、やる気を示せるポイントです。

経験が浅くスキルに自信がない場合でも、前向きに頑張りたいという気持ちを書けば仕事を任せてもらえる場合も多いです。

しかし、どのように書いたら良いのかわからないという人も多いと思います。

提案時に書く内容

  1. 自己紹介
  2. 学歴、経歴 仕事に対する意気込み
  3. 執筆可能なジャンル、得意なジャンル
  4. 稼働可能時間、対応可能な時間
  5. できる作業、スキル
  6. 今まで執筆してきた記事(ポートフォリオ)
  7. ブログを運営している場合はブログのURL

Webライターの営業メールテンプレート


はじめまして。
〇〇と申します。

〇〇年に(卒業した学校)を卒業

現在は、〇〇として働き、現在は専業主婦をしながら〇〇年〇月よりWebライターとして活動開始しております。
(今までの経歴)

Webライターとしての経験は浅いですが、迅速な対応、1つ1つの仕事を大切にしながら活動しております。
今回のお仕事も、クライアント様の要望に沿った記事を書けるように尽力していきたいと思っております。

得意ジャンルは以下の通りです。

  • 家事
  • 子育て
  • 夫婦

上記以外のジャンルでも、丁寧にリサーチし、記事を執筆していきたいと思っています。

◆ 作業スピード・時間/文字数 
 ・作業時間:週にどの程度作業時間が確保できるのか
 ・1日にかける文字数

◆執筆スキル(資格など自分ができることをアピール)

  • キーワード選定
  • 構成
  • SEOライティング
  • ワードプレス入稿
  • 画像挿入
  • 簿記2級
  • 英検2級

以上となります。

◆過去記事(ある場合は)
◆運営しているブログ(ある場合)
発注していただけましたら、精一杯頑張りたいと思いますので、よろしくお願い致します。

初めてでもWebライターとして収入をアップさせるコツ

未経験でスタートする場合、実績が少ない初めのうちは案件をこなしつつ、自身のスキルや知識を高める努力が必要です。

以下では、初めてでもWebライターとして収入をアップさせるコツを解説します。

ライティングのスキルを磨く

初めてWebライターに挑戦する人がライティングのスキルを磨くには、文章の構成力や表現力、読みやすさを意識することが大切です。

たとえば、文章の構成ではタイトルや見出し、本文やまとめなどが適切に配置されているかチェックしましょう。また、読者の興味を引き出し、ニーズに応えられているかも大切です。

さらに、SEO対策の知識を習得することで高単価の案件を獲得するチャンスが広がります。SEO対策は、キーワードの選定や配置、内部リンクなどの基礎知識を学びましょう。

SEO対策の知識を習得するには、良質な記事を参考にして独学で勉強する方法もありますが、参考書やWebライター養成講座などを活用するのが近道です。

興味のある分野に特化する

初めてWebライターの仕事をするなら、まず自分が興味のある分野から挑戦してみるのをおすすめします。

実際に働いていた経験のある職種や業界はもちろん、自分の特技や趣味に関係する分野の案件を探してみましょう。Webライティングの分野は、金融や投資、不動産、医療、美容、人材など多岐にわたります。自身が得意とする分野でライティングの経験を積むことで、特定の分野に強いWebライターとして成長できるでしょう。

専門性の高いライティングができると、高単価の案件を獲得できる確立がアップします

ポートフォリオで実績をアピールする

ポートフォリオとは、自分がこれまでに手掛けた仕事の実績を見やすく整理したものになります。特に、実績が乏しい初心者ほど、ポートフォリオは充実させるべきです。まだ掲載できる記事がないのであれば、自分でテーマを決めて執筆した記事をポートフォリオにしてもいいでしょう。

クライアントは、ポートフォリオを参考にWebライターを選定することになります。優れたポートフォリオを作れば、発注を検討するクライアントの判断材料となり、受注や採用の可能性が広がります。

また、ポートフォリオは作ったらおしまいではありません。収入をアップさせるためには、常に更新し続けることが大切です。多くの案件をこなしていくことで、実績は増えWebライターとしての実力もアップします。

ただし、クライアントによっては第三者への記事公開ができないケースも少なくありません。トラブル防止のためにも、事前に契約内容を確認する必要があります。

人との繋がりをつくる

 最近は、InstagramやX(Twitter)、FacebookなどのSNSでも、他のWebライターやクライアントと交流が可能です。Webライター同士のつながりをつくることで、案件の紹介や情報交換などさまざまなメリットが得られます

またオンラインやオフラインで開催されるWebライターのセミナーや勉強会などにも積極的に参加するのもおすすめです。Webライティングの知識やスキルを学びながら、多くの人と出会う機会を作りましょう。

人とのつながりを作ることで、Webライターとしてのスキルや知見が広がり、収入アップにもつながります。

良くある質問

記事の納品が遅れそうな場合はどうしたら良い?

納品の期日を守ることは当然ですが、万が一、遅れてしまいそうな場合は事前に発注者へ連絡し相談しましょう。

はじめのうちは、思ったよりも執筆に時間がかかるものです。
納期はしっかり確認しスケジュールを調整しながら取り組んでください。

依頼者よりテストライティングをお願いされました。どうすれば良いでしょうか

記事の品質担保のため、テストライティングを行っている発注者も多いです。

テストライティングとは、Webライターに十分資質があるかどうか見極めるために、用意されている選考方法の1つです。

500~1500文字程度をお試しで書いて頂き、その人の記事クオリティを見定めるやり方です。

個人事業主の届出はいつ出せば良い?

Webライターを始めたら、原則1か月以内に開業届の提出が必要です。

ライティング収入が多かろうが少なかろうが、所得税法では開業届の提出が定められています。

ただし、開業届の提出を定めている所得税法第229条には、禁固や罰金などの罰則がないため、開業届を出さすに働いているWebライターも一定数います。

扶養控除内でWebライターとして活躍できる?

法律上、扶養控除の基準金額は年収103万円以下とされています。

そのため、月8.53万円未満であれば、夫の扶養控除内でWebライターとして活躍することが可能です。

確定申告などは必要?

開業届を提出している場合は、個人事業主となります。

原則確定申告は必要となります。そのため、事業(Webライター)として行うために使った経費のレシートや領収書、請求書などは保管しておく必要があります。

分からない場合は、近くの税務署に行けば、職員が優しく教えてくれますよ。

未経験でWebライターを始めた場合の年収はいくらですか?

文字単価で換算されることが多く一概に言えません。以下の詳細を参考に頂けますと幸いです。

▶︎文字単価:1文字1円

3,000文字を月に10本納品:30,000円/月、年間360,000円
5,000文字を月に10本納品:50,000円/月、年間600,000円

▶︎文字単価:1文字2円

3,000文字を月に10本納品:60,000円/月、年間720,000円
5,000文字を月に10本納品:100,000円/月、年間1,200,000円

Webライターは何歳から始められますか?

年齢に関係なく、何歳からでも始められます。

ただし、一定の社会人経験がある人の方が日々のコミュニケーションや納品期日を守るなどの安心から選ばれる傾向にあります。

まとめ

Webライターは、パソコン1台さえあれば場所を選ばずに自由に仕事ができるため、注目を集める人気の職業です。急速に進むデジタル化にともないWebライターの活躍の場も広がっており、今後も需要は高まることが予想されます。

初めてでも挑戦しやすいWebライターは、誰でも簡単になれるためライバルが多い職業と言えるでしょう。

安定して仕事を獲得していくには、今回ご紹介したスキルが必要とされます。とは言え、まずはWebライターとしての第一歩を踏み出すことが大前提です。Webライターとしての案件をこなしながら試行錯誤していくことで、スキルは自然に磨かれます。

フリーランスのWebライターとして働くのであれば、クラウドソーシングサイトに登録してまずは案件に応募してみましょう。

案件に応募する前に、Webライターとしての知識の習得をしたいのであれば、Webライター養成講座の受講もおすすめです。Webライターのスキルを習得することで、自信を持ってチャレンジできるでしょう。

馬鳥 亮佑
監修者

COOMIL(クーミル)株式会社 代表取締役。神奈川県出身。東京薬科大学大学院を修了後、大手製薬会社にて研修開発に従事する。2016年にファングロウス株式会社を創業し、マーケティング、広告運用、YouTube、SEO対策を駆使し、2年で売上1億円強かつ利益率40%強の会社へとグロースさせ、株式譲渡。YouTubeチャンネルのプロデュース・原稿制作・出演・撮影・編集の全てを自ら行い、運営10ヶ月で登録者数1万人突破させる(現在3万人越え)。IT業界だけでなく実店舗経営の知見を活かし、クライアント様の課題の本質を捉えて、「結果が出るマーケティング施策」をご提案致します。サイトを公開後も運用をお任せ頂き、サイトだけでなく「事業規模の拡大を目指す」ことがクーミルのモットーです。

■経歴

2014年 東京薬科大学大学院終了
2014年 第一三共株式会社
2016年 ファングロウス株式会社 創業
2019年 一般社団法人スーパースカルプ発毛協会(FC本部) 理事
2021年 ファングロウス株式会社 株式譲渡
2021年クーミル株式会社 創業

■得意領域

SEO対策
コンテンツマーケティング
リスティング広告
オウンドメディア運用
フランチャイズ加盟店開発、集客

■保有資格

Google アナリティクス認定資格(GAIQ)
Google 広告検索認定資格
Google 広告ディスプレイ認定資格
Google 広告モバイル認定資格